安全保障・危機管理の最近のブログ記事

どうもご無沙汰しておりました。

イベントのご案内です。「マモリちゃんフォーラム2008」を開催します。

ここ一年ほど、地域の安心安全のために、「マモリちゃん」という学校単位で使えるメール配信のシステムを無償(もちろん広告も入りません!)で提供する活動をして参りました。→http://mamori.ch/

いたたまれん・・・

| コメント(1011) | トラックバック(0)

 昨日、福岡市で悲しい事件が起こりました。
 亡くなった男の子のご冥福を祈るとともに、事件の早期解決を願ってやみません。また、同じ年頃の子どもを持つ親として、ご両親の気持ちを考えるといたたまれません・・・


 岩手・宮城内陸沖地震に関して、被災者のみなさんの早急なる復旧、復興をお祈り致します。

 私にとって宮城、岩手ともに縁浅からぬ土地であります。 

 

 随分と間が空いてしまい申し訳ありません。今後は、まめに更新します。

 さて、「暴論」の続きです。イージス艦衝突事件に際して多くの報道、マスコミが口にした「国民の生命と財産を守るはずの自衛隊」という言葉に対して、「よく言うよ!」との思いを禁じ得ませんでした。

 誤解を恐れずに結論から言います。自衛隊は国民を守るための組織ではなく、アメリカの国益を守る存在になっているのに、その事実を直視することもなくぬけぬけと「国民を守るはずの」などとよく言えたものだと感じたのです。

 「避けては通れない」それほど大げさなことではありませんが・・・。イージス艦「あたご」と「清徳丸」との衝突の件です。

 私は元自衛官です。今は民間人ですが、やはり「自衛官」という属性は私自身のなかで抜きがたい部分を成しています。この件について、やはり自分の意見を表明しないのはいかがなものか・・と思うところありまして、意を決して書いておきたいと思います。